お役立ちコーナー | 社会・環境活動 | 京都の学生服専門店 村田堂 |

社会活動方針
環境活動
京都制服文化研究所
お役立ちコーナー
お役立ちコーナー

ウールの話や、生地の出来るまで、制服のマメ知識等々、制服や衣服にまつわる知っていて役に立つ情報を少しづつご紹介してまいります。

お役立ちコーナーTOP > 制服マメ知識 > 制服のマメ知識 「ネクタイのルーツ」

制服のマメ知識 「ネクタイのルーツ」

2005年12月 8日

「服装について考える授業」でクイズやパネルディスカッションにより楽しく服の歴史やマナーを伝えました。

写真は服装についてのクイズの様子です。

oike.jpg
京都御池中学校授業風景

Q.ネクタイのルーツと最も関係のある人物は誰でしょう?(1)~(3)の中から選んでください。

(1)リンカーン
(2)ニュートン
(3)ルイ14世

※ヒント 元、フランスの国王でした!

さあ、わかりましたか?

A.クイズの答えは、、、

正解は、(3)のルイ14世です。

当時のフランス国王ルイ14世によって、17世紀後半、襟元の装飾品としてネクタイの原形ともいえる"クラバット"が大流行しました。
きっかけは、王に仕えるべく駆けつけたオーストリアのクロアチア兵たちが揃って首に巻いていた布です。闘志をアピールし、しかもスマートなこの衿飾りに注目した王は、さっそく宮廷ファッションに取り入れ、いつしか一般市民へと普及していきました。
日本では、18世紀の中頃、ジョン万次郎の帰国とともに日本に渡来したと言われています。
明治17年(1884年)、帽子商小山梅吉の手による蝶ネクタイが国産第一号です。
大正末期、洋服の普及に伴い、ネクタイも一般市民へと浸透、その後流行に合わせ形や色彩に変化を見せながらも、今やメンズファッションに欠かせないアイテムとなっています。
制服の歴史の年表を参考にしてみてくださいね。

制服の歴史のページへ

このページのトップへ

カテゴリー
年月別一覧
  1. 2008年
    1. 2008年8月 (1)
  2. 2006年
    1. 2006年2月 (1)
  3. 2005年
    1. 2005年12月 (1)
  4. 2004年
    1. 2004年4月 (2)
Photos
RSS
Search