お役立ちコーナー | 社会・環境活動 | 京都の学生服専門店 村田堂 |

社会活動方針
環境活動
京都制服文化研究所
お役立ちコーナー
お役立ちコーナー

ウールの話や、生地の出来るまで、制服のマメ知識等々、制服や衣服にまつわる知っていて役に立つ情報を少しづつご紹介してまいります。

お役立ちコーナーTOP > ウールについて > ウールの七不思議「ウールはなぜあたたかい?」

ウールの七不思議「ウールはなぜあたたかい?」

2008年8月 2日

ウールはなぜあたたかいのでしょう?

ウールの1本1本の繊維をよく見るとみんなチリチリと縮れているいて、この縮れ(クリンプ)こそが、ウールの最も大きな秘密なのです。

wool2_2.jpg
チリチリと縮れているこの縮れ(クリンプ)がウールの温かさの秘密です。

さて、ポイントは二つ。
まず、一つ目。
■ウールは繊維1本1本が縮れているために複雑にからみあい、その中に60%もの空気を含みます。空 気は断熱性のもっとも高い物質です。この空気層が外気を遮断し、からだを寒さから守りあたたかいのです。

もうひとつは、
■ウールはもともと熱を伝えにくい繊維で 合成繊維の5分の1、綿の2分の1しか熱を伝達しません。
つまり暖かさをウールで包めば熱を逃がさないのであたたかいという訳です。

wool2.jpg
ウールはなぜあたたかい?


「なぜ、ウールは縮れているのか?」
長い間世界中の学者の謎でした。
1953年に日本人が解明。簡単に説明するとウール繊維は2種類の異なる細胞からつくられており、細胞の成長の差などによってまっすぐに伸びず、そりえるというわけです。

このページのトップへ

カテゴリー
年月別一覧
  1. 2008年
    1. 2008年8月 (1)
  2. 2006年
    1. 2006年2月 (1)
  3. 2005年
    1. 2005年12月 (1)
  4. 2004年
    1. 2004年4月 (2)
Photos
RSS
Search