服育【環境】活動報告 | 服育活動 | 京都の学生服専門店 村田堂 |

服育活動について
服育【環境】活動報告
服育【社会性】活動報告
服育【環境】活動報告

服育活動報告【環境】衣服を通して地球環境を考える

人類の長い歴史の中で、繊維製品の生産量・消費量は、産業革命以降に急激に増大してきました。この急激な変化が地球環境に与える影響を考え、私たちにできる地球環境保全活動を衣服を通して考えます。

【キーワード】5R、エコ商品、リサイクル、ウール

服育活動報告【環境】TOP > 活動レポート , ペットボトル > 『ペットボトルはどうなるの?』(ペットボトルから繊維をつくる実験) 京都市立御所南小学校

『ペットボトルはどうなるの?』(ペットボトルから繊維をつくる実験) 京都市立御所南小学校

2006年8月 3日
概要
開催日時 2006年3月4日(土)
テーマ 『ペットボトルはどうなるの?』(ペットボトルから繊維をつくる実験)
開催校 京都市立御所南小学校(体験ミュージアム2006)


gosyominami1.jpg

子供たちが、学ぶ楽しさを感じられるように毎年開催されています、御所南小学校体験ミュージアム2006にて、「ペットボトルはどうなるの?」というテーマでお手伝いいたしました。

gosyominami2.jpg普段使っているペットボトル。リサイクルに出しても、実際どうなっているのか良くわかりません。 ペットボトルのリサイクルでは、樹脂に戻され、成型品にも利用されますが、一番身近なものは、フリース等の繊維製品です。学生服の素材の一部にも利用されています。 でも、ボトルがどのようにして服にかわるのか??不思議ですね? 今回は、そんなことを体験して学んでもらいました。

また、参加者には、日本人がどれくらいのペットボトルを使っているのか?環境にやさしく暮らすにはどのようにしたらいいのか?も考えてもらい、『3R』(リデュース、リユース、リサイクル)の大切さを知ってもらいました。

村田堂 「衣服の5R」のページへ

--ペットボトルから繊維をつくる実験--

①ペットボトルを細かく粉砕した物を、缶の中に入れる
②缶をアルコールランプであたためる
③温度が上り、煙が出てきたら、缶をモーターで回転させる
④缶の周りには小さな穴が空けてあり、穴から溶けたペットボトルが繊維状に飛び出す
⑤繊維が冷えたら、集めて、撚ると糸の出来上がり!

実験はここまでですが、糸を織り機にかけると生地が出来上がります!!

このページのトップへ

カテゴリー
年月別レポート一覧
  1. 2009年
    1. 2009年4月 (1)
  2. 2008年
    1. 2008年11月 (2)
  3. 2007年
    1. 2007年9月 (1)
  4. 2006年
    1. 2006年9月 (1)
    2. 2006年8月 (1)
  5. 2005年
    1. 2005年12月 (1)
    2. 2005年6月 (1)
    3. 2005年2月 (1)
  6. 2004年
    1. 2004年12月 (1)
RSS
Search