服育【環境】活動報告 | 服育活動 | 京都の学生服専門店 村田堂 |

服育活動について
服育【環境】活動報告
服育【社会性】活動報告
服育【環境】活動報告

服育活動報告【環境】衣服を通して地球環境を考える

人類の長い歴史の中で、繊維製品の生産量・消費量は、産業革命以降に急激に増大してきました。この急激な変化が地球環境に与える影響を考え、私たちにできる地球環境保全活動を衣服を通して考えます。

【キーワード】5R、エコ商品、リサイクル、ウール

服育活動報告【環境】TOP > 活動レポート , 紙すき > びっくり!エコ100選2007 ワークショップ「古着から紙工作(ハガキ)をつくろう!」

びっくり!エコ100選2007 ワークショップ「古着から紙工作(ハガキ)をつくろう!」

2007年9月14日
概要
開催日時 2007年(平成19年)8月8日~13日 --パネル展示 2007年(平成19年)8月11日(土) --ワークショップ
場 所 京都高島屋7階グランドホール びっくり!エコ100選2007展示会場内
テーマ・内容 古着が紙に! パネル展示及び古着から紙工作(ハガキ)のワークショップ(定員20名)開催!
ワークショップ協力 京都工芸繊維大学繊維リサイクル技術研究センター


1.jpg

2007年8月8日~13日まで京都高島屋で開催されたびっくり!エコ100選2007に京都工芸繊維大学繊維リサイクル技術研究センターの協力を頂き『古着が紙に!』をテーマにパネル出展をしました。

※びっくりエコ100選(高島屋1階にて)--この環境イベントは今年で3回目を迎え、村田堂は2回目の参加となりす。
イベントの主旨は、一般の多くの人に京都議定書をしってもらい、生活の中で温暖防止をこころがけて頂くことです。

2.jpg

また、11日には子供向けの古着を原料とし、紙すきを行いハガキをつくるワークショップを行いました。
定員一杯の20名に参加いただき、いらなくなった服が年間どれくらいの量あるのか?その服は、一体どうなっているのか?服のゴミを減らす為に私達はどうしたらいいのか?業界の人たちはどんな開発をしているのか?を講義形式で学んで頂きました。
また普段、毎日着ながら余り考えることが少ない服をテーマに『3R』の大切さを知っていただきました。

3.jpg


その後は、古着を原料として紙すきをし、オリジナルデザインのハガキ作成です。

ベースは白いTシャツ。ポイント色は、青いYシャツ、黄色いポロシャツ、ピンクのポロシャツ、デニムで、100%着古した服を使用したハガキをつくりました。 抽象的な柄をつくったり、絵を描くようにと、個性溢れる作品ができあがりました!
参加者は、幼稚園児~年輩の方まで幅広かったのですが、紙すきは非常に好評!

参加者からは「夏休みの自由研究になった」と喜びの声も多く聞く事が出来ました。

また機会が有ればワークショップを開催したいと思います。

■古着から紙工作(ハガキ)の作り方■

10.jpg

4.jpg【1】原料を混ぜる
原料は、古着を細かくして水の中で短い繊維状にしたものです。白いTシャツはベースのハガキに、色付きのシャツなどは、模様を書くために使用します。

【2】原料をすく。ムラができないよう 同じあつみにするよう気をつける。水分は下に落としきる。
同じように2~3回くりかえす

5.jpg【3】タオルの上に木わくを置き、色の原料をつかい、模様をつくる。ボトルを強くおしすぎないよう注意する

【4】木わくからはずす。金あみからははずさないこと

【5】ブルーネットをひいてその上からもう一枚のタオルを置いて水分をぬく

6.jpg【6】アイロンをつかいさらに かわかす

【7】完全に乾いたらハガキの完成です!

7.jpg

8.jpg

9.jpg

このページのトップへ

カテゴリー
年月別レポート一覧
  1. 2009年
    1. 2009年4月 (1)
  2. 2008年
    1. 2008年11月 (2)
  3. 2007年
    1. 2007年9月 (1)
  4. 2006年
    1. 2006年9月 (1)
    2. 2006年8月 (1)
  5. 2005年
    1. 2005年12月 (1)
    2. 2005年6月 (1)
    3. 2005年2月 (1)
  6. 2004年
    1. 2004年12月 (1)
RSS
Search