制服の歴史 | 京都の学生服専門店 村田堂 |

制服の歴史

日本で洋服の学校制服が採用されたのは、明治6~7年頃(1872~1873年頃)です。

工部省工学寮(のち東京大学に合併される)や札幌農学校(北海道大学の前身)などで洋服の制服を採用されました。

明治19年(1886年)には、文部省の通達により、高等師範学校に制服を制定することが決まり、村田堂は、明治22年(1889年)に学生服を製造・販売を始めました。

村田堂は、日本の学生服の歴史とともに歩んできました。

このマントは、昭和20年(1945年)頃、京都第三高等学校に通っていた生徒さんが着用していた物です。また、帽子は昭和25年(1950年)頃の京都大学の制帽です。共に村田堂にて保管しています。

京都大学の制帽京都大学の制帽


関連トピックス


■学生服の歴史

学生服の歴史と変遷

学生服の歴史と変遷を年表にまとめました。明治から平成現代までの学生服の歴史を、「京都の教育」や「経済」、「法律」、メディアや流行などの「学生服情報」等とリンクさせて作成いたしました。


■村田堂 学生服ボタンコレクション

旧制高等学校のボタンコレクションの一部旧制高等学校のボタンコレクションの一部

陶器のボタン陶器のボタン
第二次世界大戦中は、金属の不足により、「陶器」のボタンが使用されました

平成2年10月6日 読売新聞の記事平成2年10月6日 読売新聞の記事

平成2年10月6日 読売新聞の記事
戦後の混乱や店の移転などで不明になった学生服のボタンの身元探しを呼びかけた新聞記事。

※ボタンコレクション、陶器のボタンは村田堂にて保管しています。