学生服のモデルチェンジ | 専門店のサービス | 京都の学生服専門店 村田堂 |

学生服への想い
学生服が届くまで
アフターサービス
学生服のモデルチェンジ

学生服のモデルチェンジ

【モデルチェンジの手順】学校・生徒・保護者の信頼できるパイプ選びがモデルチェンジ成功の鍵!

学生服のモデルチェンジは、多くの工程があり、非常に時間のかかる作業です。 『より良い商品の選定』には、早い判断で『信頼できる業者』を選定し、時間をかけて何度も試作、ディスカッションを重ねることが必要です。

長年にわたる、学校、生徒、保護者との直接の窓口である『販売店』選定についても軽視されがちですが、大変重要なものと村田堂は考えます。

【学生服モデルチェンジタイムスケジュール】

2007年10月にモデルチェンジの検討をスタートした場合の一般的な例です。学校様に合わせたスケジュールをご提案いたします。

学生服モデルチェンジタイムスケジュール【全日程 約1年半】
日程 検討委員会検討内容
項目 検討事項
2007年10月~ 1)学生服検討準備委員会の設置 モデルチェンジに対する意識調査 (職員・生徒・PTA対象のアンケート調査など)
2007年10月~11月 2)販売店との打ち合わせ モデルチェンジの時期・今後のスケジュール
2007年10月~ 3)情報収集 ・最近のモデルチェンジ校に関する情報収集
・デザインカラー素材の傾向
2007年10月~11月 4)基本コンセプトの検討 ①スクールアイデンティティ
②基本デザインの検討等
2007年11月 5)学校服予算の検討 購入価格の目安の設定
2007年12月~6月 6)製品サンプルの作成 ①素材・カラーの検討
耐久性、均一性、保温性、着用性について
②細部デザインの検討
③シャツ、ブラウス、ネクタイ、ボタン、エンブレムなどの付属品の検討
④耐久性、リピート性、機能性、ファッション性、仕立て映え、着心地などの総チェック
2008年8月 7)製品サンプルの最終決定 職員会議、PTA会合等での学校内部の最終合意
2008年10月 8)学校服販売店との打ち合わせ ①決定製品サインプルのチェック
②縫製メーカーの選定
③仕様書の作成
2009年1月~2月 9)受注に関する検討  
2009年3月 10)採寸
2009年4月 11)納品
2009年4月 12)販売店との反省会 アフターフォローの確認
定期的な部分的なマイナーチェンジなどの見直し(アイテム・生地など)が必ず必要です。

【ちょっと注目!】

★学生服検討準備委員会とは

一般的な学生服検討準備委員会は、先生方が5名前後で構成され、家庭科の先生、生活指導の先生が委員会に入るケースが多くなります。最近は生徒の代表、保護者の代表などが加わるケースがあります。その中で業者窓口は一人の先生が担当されます。